スポンサーリンク

仕事の鬼で犬に興味の無かった私が豹変。なぜなら隣のご主人の愛犬が、、、【犬の笑える話】

 

これはペットを飼う事に興味が無かった私が、心を入れ替えるまでの物語である

 

私はワンコもニャンコもとってもかわいいと思う。

 

でもこれまでペットを飼う機会には恵まれてこなかった。

 

なぜなら、私にはちょうど1歳になる息子がいるからだ。

 

若い時から仕事、結婚、出産、子育てと、バタバタした人生を送って来てペットを飼う余裕がなかった。

 

でもその代わり今目の前にいる我が子は子犬の様にかわいい!

 

ハイハイをする辺りから、かわいい!が止まらない。

 

まわりの先輩ママ達からも、「1番かわいい時期ね!」と言われるw。

 

ミニゴジラ並みの破壊力、足元にきて見上げるまなざし、なんでも口にして確かめる仕草、虫を捕まえようと小さな手を伸ばしたり、何をとってもかわいい。

 

でもその時、ふと思ったのだ。

 

もしや、ワンコやニャンコを飼う人もこの感覚なのかなぁ?

 

我が子は20歳、30歳と大きくなっちゃうけど、ワンコを飼うとこの可愛さが凝縮された状態が、ずっと味わえるってこと?

 

それを求めて皆さん、ワンコを飼ってらしゃるのかなぁ?

 

なるほど〜、それなら分かる〜。

 

一人でこの自論に納得していた私w。

 

が、ある日、この自論の正しさが実証されたのだ!

 

ウチの隣のご夫婦は、リリーというメスのワンコを飼っている。

 

リリーちゃん、雑種なのだが、白くて、とても上品な顔立ちをしている。

 

中型犬だが家の中で飼ってらっしゃるようだ。

 

時々、朝早く出ると、リリーちゃんを散歩をしている

 

ご主人と出会う事がある。

 

口数の少ない、でも礼儀正しい、会社では何かの役職に就いていそうな寡黙なご主人だ。

 

そんなある日、私が庭で草むしりしていた時の事突然事件は起こったのだ!

 

「あっ、リリーちゃんだぁー☆」

 

誰の声?隣のご主人の声?

 

でもこんなに高音だったっけ?

 

顔を上げて見てみると、ご主人が外から家の中のリリーちゃんに話しかけている。

 

「パパでちゅよー^_^リリーちゃんは窓越しに見ても美少女でちゅね~なんでそんなに可愛いのかな?不思議~あ!パパわかった!リリーちゃんはリリーちゃんだからそんなに可愛いんだぁ!」

 

あの寡黙なご主人が、赤ちゃん言葉でおどけて、窓辺に出てきてくれたリリーちゃんと、一方通行の会話をしてる…

 

私が毎日息子に話しているようにイヤ、それよりも凄い!

 

分かるよ〜、ご主人。かわいいものね!

 

可愛くて仕方ないよねー。

 

やっぱりね。

 

私は「ワンコも赤ちゃんのようにかわいい」という自論の正しさが実証されたことを喜び、ニヤけていた。

 

その時、私の視線を感じたのか?ご主人が突然振り向いて、目があってしまった!

 

ご主人、声に出さなかったが、顔全体から、心の声がダダ漏れしている!

 

「うわあああぁぁぁ、 やっちまったあああああ!隣の奥様に聞かれたああああぁ!誰か私を叩いて記憶を消して!」と顔に書いてある。

 

「いやいや、私の記憶が消えないと意味なくない?」とか勝手に突っ込んでいたら、真っ赤な顔のご主人が、私の視線から徐々に消えていった…それを見ていてこっちまで恥ずかしくなったが、その時一つの事に気づいた。

 

「もしワンコと子供がいたらずっと幸せなんじゃない?」という事にだ。

 

今、目の前には息子とチワワがいて楽しそうにじゃれあっている。

 

そしてそれを見て予想通り、最高の幸せを感じている。

 

そこには隣のご主人のように、「息子も、ワンコも、私たちに 幸せと癒しをありがと〜う!」と、大声で叫びたい気持ちを必死に抑える私が静かに座っていた。

 

スポンサーリンク

動画版「ほのぼの話」

 

【犬のほのぼの話】仕事の鬼で犬に興味の無かった私が豹変。なぜなら隣のご主人の愛犬が、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました