スポンサーリンク

「犬なんか飼って!」と小言を言う姑が我が家に そこで3匹の愛犬達は、、、【犬の笑える話】

 

今日、私にとってすごく大きなミッション(大作戦)がある!

 

朝からバタバタと掃除して、ランチの冷製パスタなどの準備をして忙しい。

 

「どうしたんだ?」「なにかあるの?」「いいこと?」

 

右往左往している私に3匹の視線も右往左往している。

 

そう、ウチには、3匹のビーグルの家族がいるのだ。

 

初めは父ビーグルのジョイがウチに来て、しばらくしてお嫁さんのメイを迎えた。

 

その2匹の間に産まれたのがウッディという3匹家族。

 

でも、3匹だけになると、たちまちジョイは愛妻家になる。

 

メイの周りにいて、なんかして欲しいことある?オーラを出している。

 

ウッディは、それに便乗して、ボールが少し遠くに行くと「パパ、取って〜」と甘える。

 

結局、ちょこまかちょこまかとジョイが動いている。

 

時々、ジョイの背中が、尻に惹かれたウチの旦那さん(気を使う中間管理職のおじさん)に見えてきたよ…

 

「今日はお義父さん、お義母さんが来るからいい子にしてね〜」と3匹に声をかけて、コロコロの仕上げをする。

 

今日のミッションにはおまえたちの助けが必要なのだ!

 

ピンポーン!

 

私の胃がキリッと痛んだ。

 

結婚して一度だけ新居を見にご両親が来たことがあったが、まだジョイはいなかった。

 

その後、私たちが主人の実家に行くことはあっても、ご両親がこちらに来ることはなかったのだ。

 

ご両親は優しく、ワンコの写真を送り合う仲である。

 

だが、最近、写真を送るとお義母さんの返事が…

 

“ワンコが可愛いのはわかるけど、子供は作らないのかなぁ?”

“ワンコを可愛がりすぎると、子供を作る気がなくなるんじゃない?”

“ワンコの写真はうれしいけど、孫の写真が見たいわね〜”

と、だいぶ露骨になってきている…

 

ジョイだけならまだしも、メイとウッディもとなれば、そりゃ、ご両親が心配するのも無理のないことなのだが…。

 

主人と一緒にご両親が部屋に入ってきた。

 

すかさず、嫁を演じようとしたら、横からジョイが私を抜き、大歓迎した。

 

パパに続けとばかり、2匹もご両親の足元から離れない。

 

お義父さんにチューをせがみ、お義母さんにはお腹を見せてナデナデを要求している。

 

「かわいいわね〜。写真だけだったからね〜。会いたかったのよ〜」

 

本当かなぁ〜と思いながら、
“よし!いいぞ!もっといけ!”と心の中で叫ぶ。

 

愛想を振りまきまくる3匹にご両親もメロメロ。

 

子供の話も出なかった。何を話題にしようか?と悩むこともなかった。

 

お義母さんに膝枕をされているジョイにグッジョブ!とサインを送る。

 

帰る時には、“ボクも一緒におばあちゃんと行く〜!”と暴れて別れを惜しむ程。

 

ミッション大成功である!

 

ご両親が帰られた後、リビングで主人と私と3匹で大の字。

 

キミたちのおかげで、ご両親も上機嫌で帰ってくれた。

 

良い関係も保てたし、本当にありがとう!

 

ジョイに至っては、ミッション:インポシッブル(スパイ大作戦)のトム・クルーズ並みの大活躍だったぞ!

 

まったりしていたら、お義母さんからありがとうメッセージが届いた。

 

“私もワンコ飼いたくなったワ!試しにジョイを1週間借りたいワ!”

 

オイ!ジョイ!新たなミッションが発動されたぞ!

 

私の頭の中で、ミッション:インポシッブル(スパイ大作戦)のテーマが流れている…

 

スポンサーリンク

動画版「ほのぼの話」

 

【犬のほのぼの話】「犬なんか飼って!」と小言を言う姑が我が家に そこで3匹の愛犬達は、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました