スポンサーリンク

いつでもカッコいい愛犬のハスキーに惚れた息子。 でも初めてカッコよく無い愛犬を見たら、、、【犬のほのぼの話】

 

「絶対、かっこいい犬がいい!」

 

7才の息子の希望により、我が家でかっこいい犬を飼うことになった。

 

私たちもペット可能のマンションに引っ越したので、この機会に長年の夢だったわんこを飼う予定だったのだが、かっこいい犬…難しい…。

 

でも思いつくのはやっぱり、Youtubeでよく見ていた、シベリアンハスキーだった。

 

息子にも写真を見せたとこ、「かっこいい‼︎」と、すぐにokだった。

 

でも、ハスキーの飼育は簡単では無い!

 

だから予行練習の意味も込めて、ワンワン動物園にハスキーの見学に行く事になった。

 

しかし到着して大人のハスキーを目の当たりにすると、あんなに「カッコイイ!」と言っていた息子も見た途端、泣き出す、泣き出す。

 

それもそうだ!YouTubeとは違い、自分より大きいオオカミ似のワンコが目の前にいるのだから。

 

その後も、泣きながらの散歩を終えて、これで諦めるかなぁと思ったら「あれがいい」と言う。

 

なんと!「怖い」より、「カッコイイ」が勝ったみたいだ。

 

そんな経緯で我が家にシベリアンハスキーがやってきた。名前はカイになった

 

澄んだ青い瞳がとてもかっこいい男の子。

 

こうして無事に、息子の『かっこいい』の要望も叶えてあげることができたのです。

 

それから1年半が経ち、息子が小学校2年の頃には、カイは立派な大型犬となっていた。

 

お座りした状態の顔の位置が立った息子と同じぐらいで、顔もまさに狼のように凛々しくなった。

 

もちろん、子犬の頃から飼っている息子にとっては、カイは兄弟みたいなもので、全く怖く無い!

 

でも、はたから見るとカイのインパクトはだいぶ強いみたいで、散歩している時、ほとんど人は寄ってこない。

 

他の犬に吠えられても、基本的に吠え返すこともせず、目力だけで圧倒出来ている… 。

 

息子のお友達が遊びにきた時も、もちろんみんなカイに触ることができない。小さい子からしたら最初の息子と同じで『恐い』しか無いのだろう。

 

でも、そんな凛々しいカイと息子と動物病院に行った時に、事件は起きたのだった。

 

常にキリっとしているカイは、みんなが泣き叫ぶこの場所でも堂々としたもんだ。

 

周りにたくさんの人や犬がいてもぶれないところを見ると、飼い主ながら、本当に凄いなと感心した。

 

もちろん診察室に入り先生を前にしてもブレないカイ!

 

さすがだが、先生が爪切りを取り出すと明らかに動揺し始める 笑

 

さっきまでの威勢はどこに行ったのか、爪切りを見つめながら顔がひきつり、私の方を見て助けを求める。

 

そして先生が手を持つと我慢の限界が来たのか、「クゥーーーン!」と『やめて〜〜泣』と鳴き始めてしまう。

 

痛いとかではないはずなのだが、爪切りをする時は、いつもこうなってしまう 笑

 

今日は息子も初めて来たので、息子に助けを求めるカイ!

 

いつものカイの凛々しい姿を知っている私と息子は、目を見合わせて、笑ってしまった。

 

そして終わると、いつものカイに戻る。

 

今日は息子と一緒という事もあいまって、『え、何もありませんでしたよ?』凛々しいというよりかは、白々しい表情を見せている。

 

爪切りを克服できたら、真の『かっこいい』犬になるのだが、初めて『かっこよく無い』カイを見た息子も、もっとカイの事を大好きになったみたいだ。

 

今はさっさと息子と一緒に病院の外へ逃げて行きました。

 

あの「カッコイイ」子にして本当に良かったと実感した日でした。

 

スポンサーリンク

動画版「ほのぼの話」

 

【犬のほのぼの話】いつでもカッコいい愛犬のハスキーに惚れた息子。 でも初めてカッコよく無い愛犬を見たら、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました